物件周辺の環境を調べる

スーパーやドラッグストア等の有無

賃貸物件を借りる際、どうしても物件自体の中身を中心にチェックしてしまいがちですが、実は周辺環境を調べることも非常に重要なのです。
例えば、賃貸物件の周りに便利なお店があるかどうかという視点があります。
品揃えの良いスーパーやドラッグストアがあるかどうか、郵便局や銀行などがあるかどうか、コンビニは何軒あるのかなど、毎日の生活に直結してくる問題ですので、非常に重要なポイントになるのです。
また、それらのお店の開店時間も重要です。帰宅が遅い毎日になりそうであればコンビニに的を絞るなど、自分が使いやすいかどうかを中心に考えると良いでしょう。余裕がある場合には、明るい時間帯と暗い時間帯の二面から見ておくことをおすすめします。

静かに暮らせる環境かどうか

続いて、静かな場所かうるさい場所かということも、きちんとチェックしておきましょう。騒音問題が起きそうな環境であれば、よく考えた方が良いでしょう。
例えば、近くに夜まで開いている飲食店があれば、早寝早起きの人は非常に辛い騒音に悩まされることになるでしょう。また、主要道路や線路が近い賃貸物件ですと、時間にかんけいなく電車や車の音に悩まされることになります。高速道路などが近いと空気が汚れていることも多いので、窓を開けることが出来ないという事態も起きかねません。
地図を見れば一見して分かるようなことではありますが、やはり直接現地に行って物件の周りを歩いてみることをおすすめします。意外な盲点が見つかるものです。

冬に雪が多いことで知られる室蘭の賃貸なら、駐車場に屋根があるか確認しておくと安心です。屋根付きなら、除雪の手間も省けます。