賃貸は、契約によりお金を支払って居室を利用する仕組みです。利用時に必要なお金が購入よりも少なくて済み、契約が成立していれば一定の権利も保証されます。非常に多くの物件があるため、自分に合う物件を探す必要があります。

立地を優先して探す

駅からの距離を調べる

賃貸物件を探すとき、最近はネットに掲載されている賃貸情報で調べられるようになりました。書店で有料の情報誌を買って利用するときもありますが、駅などには無料の情報誌もあります。それらにはいろいろな情報…

詳細を見る

物件周辺の環境を調べる

賃貸物件を借りる際、どうしても物件自体の中身を中心にチェックしてしまいがちですが、実は周辺環境を調べることも非常に重要なのです。例えば、賃貸物件の周りに便利なお店があるかどうかという視点があります…

詳細を見る

日当たりの良し悪しを見る

賃貸物件を探すときには、あらかじめある程度のポイント絞っておくことが大切です。住みたい場所を候補にするのもよいですが、住みたい場所が自分に合っている住みやすい場所であるとは限りません。自分の生活に…

詳細を見る

札幌の賃貸物件とプロパンガス

札幌の賃貸物件は相場が安く、2万円前後で借りられる部屋も多くあります。しかし、そういった部屋は基本的にプロパンガス物件のため、お風呂好きの人は家賃の高い都市ガス物件のほうが良い場合もあります。

物件の設備や間取りで選ぶ

バストイレ洗面別のメリット

賃貸に住むのが初めての人は特に、どのようなポイントで物件を借りるべきかイメージがつきにくいでしょう。そこで、間取りを選ぶ際に「バストイレ洗面別」の物件を選ぶメリットをお教えします。単身者向けアパー…

詳細を見る

収納と居住空間のバランス

賃貸物件として賃貸マンションや賃貸アパートを借りる時は、人によってこだわりとなってくる内容は異なります。しかし、共通して言えることは、どんな間取りで生活するか、どれだけの収納スペースが確保できるか…

詳細を見る

防音性が高いかどうか

音に悩まされたくない!

賃貸物件を探している場合、人それぞれ自分の中で決めている条件があると思います。駅近物件であるとか、最上階の角部屋であるとか、オートロック付きであるとか。 そんな賃貸物件を借りる上で想定される条件の一つに「防音性」があります。 集合住宅の場合、どうしても上下左右の住人との物理的な距離が近くなってしまうため、壁の防音性は居住するにあたってとても重要な問題です。防音性が低い部屋に住んでしまうと、隣の住人の生活音が気になってリラックスできなかったり、生活のリズムが違っているために夜眠れないなど、様々な問題が起こりかねません。 賃貸住宅を選ぶ上で、「防音性」がどの程度なのかは事前にしっかりチェックしておくことが重要です。

防音性が高い部屋って?

では具体的に「防音性」が高い部屋とはどのような部屋なのでしょう? 一般的な集合住宅の構造は「木造」・「鉄骨」・「鉄筋コンクリート」の三種に分類されています。 上記の中で最も防音性に優れているのは「鉄筋コンクリート」です。コンクリートを壁の中に流し込んであるので、密閉度が高く遮音性が期待できます。逆に遮音性が最も低いのが「木造」です。木材は通気性が良いので音も通してしまいます。 「防音性」を意識して住宅選びをするのであれば、是非「鉄筋コンクリート」性の住宅を選びましょう。 壁のクオリティを確かめる一つの指針として、実際に候補にあげた物件を内覧した際に壁を叩いてみましょう。高いスカスカの音がした場合は軽量鉄骨で壁が作られている可能性が高いので注意が必要です。